このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

■防災グッズ・何が必要!?■

必要最小限の防災セットからしっかりばっちりの防災対策までをご紹介。
広告
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
プロフィール

deaithai

Author:deaithai
東京都多摩地区在住
三十代後半
既婚・子供なしの男性です。

子供の頃から、学校の先生に
「関東大震災は必ず来る」
と脅されて育ちました。

地震が来ると、いつも
「ついにきたか」
と腹をくくってきました。

そんな私が
東日本大震災を機に
防災グッズをそろえようかと
勉強中です。

カウンター
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

防災グッズ:パワーコンボ PG421SP

【パワーコンボ PG421SP】


【ソーラーポータブル独立電源システムソーラー付きポータブルバッテリーセット】

売り切れ

400Wインバーター内蔵のポータブル電源 パワーコンボ PG421SP 最大160Wh
7.5Wソーラーパネル「SE-500」×1台、
ソーラー取付架台「ソーラーグリップ」×1台
重さ:約9.5Kg

◆楽天市場で探す⇒「パワーコンボ」本体 22,680円~
◆楽天市場で探す⇒「パワーコンボ バッテリー交換」 14,175 円税込、送料込
◆楽天市場で探す⇒「パワーコンボ アシストバッテリー」 20Ah 12,285円(税込、送料込)33Ah 17,955円(税込、送料込)


実は私、震災以前から太陽光発電に興味を持っておりまして、
そのときにこの商品を見つけて大変感動したものでした。

その理由は「AC100Vの電源付き」であるからです。
(そのほかにも、この商品には 12V、9V、6V、3Vの出力と、
 LEDライト、空気入れ(エアーコンプレッサー)が付いている。)

携帯電話を充電するものはいろいろ売っているけれども
停電になっても、普通の電源を使いたい!そう思って探していたときに出会った商品でした。

しかし、この商品についていろいろ調べてみると、
そうもすばらしい商品ではないことがわかってきました。

理由その①
もしものときの備えとして持っていたとしても、
普段充電しないまま放って置くと、バッテリーがいかれてしまって使い物にならなくなる。

(詳細は、ブログ「スマッポ パワーコンボPG-421の分解、バッテリー交換」を参照)

車のバッテリー同様、鉛蓄電池は常に満充電にしておき、上澄みの部分を使うのが基本だそうだ。
太陽光発電マニアックス【DIY自作発電~ソーラーシステム~太陽電池の解説】バッテリー編 より。)


理由その②
太陽光発電だけで充電しようとすると、一週間以上もかかってしまう。

ソーラーパネル最大出力5W×可照時間8h×7日=280Wh
しかしこの計算は、発電効率100%・充電効率100%・毎日晴れという設定。
一晩でバッテリーを使い切ったら、満充電するのに一週間以上もかかる上に
電気を使い切ることによりバッテリーの劣化も早くなる。

「停電になっても、常に車から充電できる状況である」などの条件が必要な商品のようです。


バッテリーの容量計算や、ソーラーチャージャーのワット数など、
人によって、想定によって大きく変わってくると思います。
そういう計算も勉強しなくてはならないのだと強く感じました。
スポンサーサイト
2012/04/25(Wed)  防災グッズ:電気コメント(4)トラックバック(1)
▲このページのTOPへ

多摩地区の恐怖か!?立川断層帯地震

平成24年4月18日、東京都が

「首都直下地震等による東京の被害想定」を公表しました。
(東京都防災ホームページ参照)

この中の「概要資料(PDF)」では、テレビのニュースでよく目にした
「震度分布図」を見ることができます。

東京湾北部地震・多摩直下地震・海溝型地震・立川断層帯地震

と4つの想定がされていますが、
中でも、多摩地区に住んでいる私が個人的に以前から気になっていたのが

「立川断層帯地震」

私の住んでいる地域は、震度6強が想定されています。
そこで少し調べてみました。

◆立川断層帯ウィキペディアより
 国の文部科学省・地震調査研究推進本部 と 東京都 は、全く異なった発表をしている。

 <国>
  直近ではおよそ1万3000 - 2万年前に動き、活動周期はおよそ1万 - 1万5000年、
  推定マグニチュードはM7.4  と考えている。

 <都>
  直近ではおよそ1400年前に動き、活動周期はおよそ5000年、
  推定マグニチュードはM7.1~ 7.3  と考えている。
※今回の東京都の想定では、M7.4となっています。

これだけだと、立川断層帯地震の起こる可能性が推定しにくいですね。
国の見解だと、活動周期は長いが、いつ地震が起きてもおかしくない
と受け取れますが、

都の見解だと、次の地震は数千年先ということになる。

地震情報サイトJIS」には、国の見解と同様のものが掲載されている。
立川断層帯地震発生確率は、30年以内で0.5%~2%とされていますが、

0.02%~8%と言われていて起こってしまった阪神淡路大震災
を考えると、結構あてにならない数字なのかもしれません。

ましてや、東日本大震災の影響で発生確率が高まった可能性もあるとも言われていますし、
断層についてよくわかっていなかったり、未知の断層があったり・・・。

いろいろ調べてみましたが・・・

結論:多摩地区で直下型地震がいつ起こるかわからない!でした。

立川は自分の中では西東京の中心だと思っています。
東京地方裁判所立川支部もあるし、自衛隊立川駐屯地もあり、災害医療センターもある。

そもそも「震度6強」で生き残れるのか!?
2012/04/20(Fri)  想定される災害コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

防災グッズ「トイレ」その①コンポストトイレ

災害時に食料以上に問題になるのが「トイレ」

しかし、これも「非常持出袋」と同様、想定する状況は人それぞれ。

今回は、「自宅非難、しっかりばっちりトイレ対策」の「コンポストトイレ」をご紹介。

仕組みは生ゴミコンポストと同様。水も電気も使わず、微生物に分解してもらう。
大人2人分の処理能力があるそうです。


「こんな高いの買えるか~!」という方には、
「生ゴミコンポスト」で代用してもらいましょう。


生ゴミにしろ排泄物にしろ、有機物を分解するのに必要な分解者「菌類・細菌類」。
要するに、土と菌があれば分解できる!
そこで必要なのが「EM菌」。

生ゴミを分解するのに必要なのが「EMボカシ」である。
EMボカシとは、EM1号+糖蜜+米ぬか+水 で発酵したものです。
ご自分で「EMぼかし」を作ってみたいかたはこちら↓
EM1号入門セット

EM1号入門セット
価格:800円(税込、送料別)



うちでは、近くの雑木林から取ってきた腐葉土を大きなビニール袋に入れて
その中に生ゴミを入れて分解させています。

袋の下のほうまでかき混ぜていないので、多分嫌気発酵。

それでも何ヶ月かに一回袋をひっくり返すと、
古い生ごみは跡形もなく消えて土に返っています。

それをベランダ菜園の土としてつかい、
古いプランターの土は生ゴミ処理用として使っています。

私も「EMボカシ」を使ってみようかな~♪
2012/04/16(Mon)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

防災グッズ・何が必要!?「消火器」

大地震が来て、何とか家は持ちこたえた。
次に何が心配か・・・?それは「火災」です。

中央防災会議の報告によると、
ある試算では、東京湾北部地震で想定される
死者数約11,000人のうち、 半数が火災によるといわれています。(wikipediaより)

そこで備えておきたいものが消火器
被災した方が本当に欲しかったモノはコレ! Vol.1 被災した"その時"欲しかったモノ(All About)
でも五つ星。

2012年製(設計標準使用期限:2022年まで
粉末式放射が途中でストップできる
「蓄圧式」
粉末と違い、飛散しない
「液体消火剤」


粉末消火器の場合、
「4型」の放射時間は約13秒
 10型 放射時間 約16秒
 20型 放射時間 約20秒 
一般家庭では粉末消火器の4~10型程度でよいようです。(消火器について


非常用持出袋には「消火スプレー」





2012/04/15(Sun)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

防災グッズ・何が必要!?「非常持出袋」防災セット

総務省消防庁では、「非常持ち出し袋には、最低これだけは必要です。」として、以下のものを挙げています。

印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、
ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、
毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水


「インスタントラーメン」って、「カップラーメン」の間違い!?
そもそも「食品」とダブっているような気がする。お役所仕事のにおいがぷんぷんする。
その上、私には「哺乳瓶」はいらない。

・・・と、人によって、非常持出袋に入れたいものは違うと思う
しかしだからといって、一から用意するとなると、何を入れればいいかわからない。

そこで「防災セット」を参考にして、
あとは100円ショップでそろえちゃえ!と、いろいろ調べてみました。


●非常持出袋(約34×44cm、ポリエステル)
●軍手
●ロープ(3m)
●笛
●レスキューシート
●携帯用ミニトイレ
●eco便利バッグ

これ一つで逃げるのは大変心もとない。
●非常持出袋(約38×45cm)
●すべり止め手袋
●防寒シート
●非常用給水バッグ(5L)
●ゴミ袋(45L)(10枚入)
●懐中電灯
●タオル
●防災用ウェットティッシュ各1個

上記とだいぶ内容が違いますね~。
★レスキュー非常用15点セット☆24065/BG-1124

★レスキュー非常用15点セット☆24065/BG-1124
価格:2,300円(税込、送料別)

●非常持出袋(約340×440mm) ●軍手
●レスキューシート(約2130×1370mm)
●笛  ●ロープ3m  ●携帯用ミニトイレ
●スモークシャットアウト
●ラバーライト(電池別売)
●防災用ウェットティッシュ(20枚入り)
●冷熱遮断アルミシート(900×1500×2mm)
●非常用給水バッグ3L
●レスキュー簡易寝袋(約1000×2000mm)
●便利コップ4+1Pセット
●アイマスク(メッシュケース付き)
●携帯用ケース付耳せん
●非常持出袋 ●アルミホイッスル
●アルミシート ●レジャーシート
●コップ ●救急絆創膏
●万能ナイフ ●不織布マスク
●軍手スベリ止め付 ●タオル
●ノズル付ライター ●レインコート
●3リットルポリバケツ ●ゴミ袋
●強力ライト(電池付) ●Φ6×7mロープ
●リュックサック ●LEDランタンライト
●3WAY高輝度19灯LED懐中電灯
●FM付きダイナモライト ●着替えシャツ1枚
●5年保存水500ml3本 ●カンパン1缶
●5年保存アルファ米3食 ●体温冷却シート
●簡易トイレ3回分 ●アルミ温熱シート
●体温冷却シート  ●レジャーシート
●ゴミ袋 ●タオル3枚 ●靴下 ●軍手
●レインコート ●ロープ ●マスク25枚 
●絆創膏1箱 ●ウェットティッシュ
●ポケットティッシュ2袋 ●油性マーカー
●包帯 ●布テープ ●笛 ●歯ブラシ
●給水タンク10ℓ ●ビニールラップ
●リュックサック ●ショルダーバッグ
●FM付きダイナモライト ●折り畳み傘
●5年保存水500ml1本 ●カンパン
●ミラー ●簡易トイレ
●ウェットティッシュ ●アルミ温熱シート
●髪留め(しゅしゅ) ●タオル
●マスク25枚 ●レギンス
●軍手 ●キズバンド8枚
●歯ブラシ ●エピスティック
防災士が被災者の声を元に、避難生活で必要となるアイテムを厳選。非常持ち出し袋は10~15kg」とされる中、女性や高齢者でも持てる重量、約5kgを実現
●非常持ち出し袋(日本防炎協会認定品)
●携帯電話充電ダイナモ多機能ライト ●笛
●5年保存水(500ml×4本) ●カンパン3缶
●食品加熱袋 ●加熱剤 ●レジャーシート
●軍手 ●非常用ローソク ●マッチ
●簡易トイレ3袋 ●布ガムテープ
●アルミブランケット ●レインコート
●アルコール除菌ジェル ●カイロ2個
●万能アウトドアナイフ ●三角巾
●エアーまくら ●乾電池(単三4個)
●アイマスク ●耳栓 ●マスク ●スリッパ
●非常用給水袋 ●水のいらないシャンプー
●救急セット
 (救急ばんそうこう(大)×4、(小)×2、
  カット綿×6、綿棒×10、ウェットティッシュ
  テープ、ピルケース、ポーチ)
●緊急時連絡シート ●防災アドバイス


消防庁のお勧めの中にないのに、
「笛」「軍手」「ロープ」はどのセットにも入っていますね。
「笛」は、映画「タイタニック」でも大活躍!?携帯ストラップに付けておくかな。

また、消防庁の「毛布」の代わりには、
「レスキューシート(アルミ温熱シート)」が入っていますね。

私も少しずつリュックサックに入れるものを決めていきたいと思います。


※その他の参考になるサイト
防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト(All About)
 一次持ち出し品・二次持ち出し品についてもリストがあるサイト。
被災した方が本当に欲しかったモノはコレ! Vol.1 被災した"その時"欲しかったモノ 

2012/04/14(Sat)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ
| HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
| HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。