このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

■防災グッズ・何が必要!?■

必要最小限の防災セットからしっかりばっちりの防災対策までをご紹介。
広告
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
プロフィール

deaithai

Author:deaithai
東京都多摩地区在住
三十代後半
既婚・子供なしの男性です。

子供の頃から、学校の先生に
「関東大震災は必ず来る」
と脅されて育ちました。

地震が来ると、いつも
「ついにきたか」
と腹をくくってきました。

そんな私が
東日本大震災を機に
防災グッズをそろえようかと
勉強中です。

カウンター
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

防災グッズ「水」

クロックス オンラインショップ


人間は、水があれば、たとえ食べ物がなくても2~3週間は生きていられるそうです。
SUNTRY 水と生命「人間と水」水大辞典より。)
(汗や尿などから塩分が失われるので、果たして「塩なし」でもこれだけ生きられるのか!?)


しかし、水がないと3~4日しか生きられないそうです。
The Physiology of Water and Our Bodiesより。)


人間が生命を維持するのに必要な水の量は、1日に2~2.5ℓ、
東京都水道局では、3ℓを目安にするように勧めています。


阪神淡路大震災の時、給水車がいきわたるようになったのは3日後だったそうです。
東京都では、企業に飲料水や食料の3日分備蓄などを求める
「帰宅困難者対策条例」を可決(2013年4月1日から施行)しました。


我が家は妻と二人暮し。
3ℓ×2人×3日=18ℓの水の備蓄が必要となりますが、
現在は 4ℓのペットボトル×4本=16ℓの汲み置きをしています。


水道水の常温での保存期間は3日東京都水道局より)
とのことなので、
我が家では週に2回、ペットボトルの水をかえています。
(古い水は、風呂の浴槽に入れています。)


その他、2ℓのペットボトルの水やお茶を数本常備し、
18ℓ以上の飲料水を確保しています。


しかし、週2回の水換えも結構面倒(>_<)
そういう方には、「保存水」。


◆楽天市場で探す⇒その他の「保存水


「水ばっかりそうも備蓄していられない!」
災害時の給水拠点+市町村名」でググる!
しっかり把握しておいて、水をもらいに行きましょう!


10ℓ=10kg 何とか持てる範囲でしょう。
20ℓはきついと思います。
私はたまに近くのガソリンスタンドまで灯油を20ℓ(約20kg)買いに行きますが、
家にたどり着くまでに何度も休憩しなければなりません。。。


◆楽天市場で探す⇒その他の「給水容器


「トイレに行きたくなるから」
という理由で、水の摂取を控える方も多いようです。
しかし、それは危険!

血液の濃度が上がり、血液がどろどろになり、
血液の塊(血栓)ができやすくなります。

静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)
いわゆる「エコノミークラス症候群
になりやすくなってしまうのです。

命にかかわる危険な症状です。
水分はしっかり補給しましょう!
2012/04/09(Mon)  未分類コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME |
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。